ポジションを持っていないと落ち着かないはダメ

なんとなく常にポジションを保有してしまいたくなるのが、この「手持ち無沙汰の失敗」です。

特に、スワップポイントが発生するときには、「何か保有していれば、利益が出てくる」と思ってしまい、ついつい何もないより、何かを持っている方がいいと判断してしまいがちです。

また、デイトレードやスキャルピングを行っている人でも、利益確定や損切り後にポジションがなくなると、手持ち無沙汰ですぐ新規注文を出してしまうのも考え物です(不要な手数料負担になりますし)。

最も重要なのは、今の相場が、トレンドなどが利益を出しやすい動きなのかどうか、価格の上昇や下降の傾向を読み取れるタイミングかどうかを、冷静に判断しなければなりません。この手持ち無沙汰の失敗への対策は、新規注文の際に、そのときの相場が価格の上がり目か下がり目のどちらかを自分で説明できるかどうか、を自分に問うことです。
もし、自分で自身を持ってその答えを言えない場合は、買い時ではないと考え新規注文を控えるべきです。

FXで稼げるようになれば、パソコンとインターネットがある環境であれば世界中どこでも稼ぐことができるようになります。

ポジションを持っていないと、つまり相場を見ていないと落ち着かないようになれば、せっかくの自由な時間が結局無駄になってしまいます・・・

こちらの海外ぶらりたびを目的としているサイトの人のように自由で開放された優雅なFXライフを楽しめるといいですね。