ポジションを持っていないと落ち着かないはダメ

なんとなく常にポジションを保有してしまいたくなるのが、この「手持ち無沙汰の失敗」です。

特に、スワップポイントが発生するときには、「何か保有していれば、利益が出てくる」と思ってしまい、ついつい何もないより、何かを持っている方がいいと判断してしまいがちです。

また、デイトレードやスキャルピングを行っている人でも、利益確定や損切り後にポジションがなくなると、手持ち無沙汰ですぐ新規注文を出してしまうのも考え物です(不要な手数料負担になりますし)。

最も重要なのは、今の相場が、トレンドなどが利益を出しやすい動きなのかどうか、価格の上昇や下降の傾向を読み取れるタイミングかどうかを、冷静に判断しなければなりません。この手持ち無沙汰の失敗への対策は、新規注文の際に、そのときの相場が価格の上がり目か下がり目のどちらかを自分で説明できるかどうか、を自分に問うことです。
もし、自分で自身を持ってその答えを言えない場合は、買い時ではないと考え新規注文を控えるべきです。

FXで稼げるようになれば、パソコンとインターネットがある環境であれば世界中どこでも稼ぐことができるようになります。

ポジションを持っていないと、つまり相場を見ていないと落ち着かないようになれば、せっかくの自由な時間が結局無駄になってしまいます・・・

こちらの海外ぶらりたびを目的としているサイトの人のように自由で開放された優雅なFXライフを楽しめるといいですね。

利益確定、損切りを先延ばしにしない方法

利益確定ができずにいると、山から相場が下がり始め、最大値で売れなかったことが悔しくなり、裏付けもなく「きっと上がってくれるだろう」ともっと利益確定が遅れることで「傷が深くなる」というパターンに陥ります。FX取引をパチンコと同列に扱うことはできませんが、パチンコで「すってしまう」ことも基本的には非常に似ていることだと思います。

このようなことを防止するのには、明確な「利益確定ライン」を設定する」べきです、そうすれば、変な欲が出ず、冷静に利益確定の判断をすることができるはずです。このことは「損切り」においても同じ考え方となります。後になって「やめとけばよかったな~」というハメにならないために、明確な「利益確定ライン」をまず設定しましょう。

それとくれぐれも、自信過剰にならないようにしてください。勝ち続けているときは自信過剰になりやすいです。ある局面までに対する分析しかしていないのに、調子がよくて自信過剰になりはじめると、何の根拠もくそれまでの分析をその先までに当てはめてしまい、結果として落とし穴にはまるということがあります。

ですから、繰り返しますが、勝ち続けている場合でも「利益確定ライン」を明確に設定するべきと言えます。このことは「損切り」にも大いにあてはまる考え方ですから非常に重要です。

FXでの失敗ケース

FXでの失敗談をいろいろな本やサイトで調べてみました…。すると、FXのみならず他の投資でも共通する失敗談であることに気付きました。ここでは、代表的な2つのケースについて書いてみようと思います。多くの方も同じようなことで失敗したことがあるのではないかと思います。

・まだ行けると思って利益確定できなかった

・ポジションを持ってないとつまらないので、新規注文してしまう

失敗は成功のもとですから、失敗から学ぶことは多いはずです、そして、失敗を少なくできれば損は減りますし、失敗しなければ利益が出るはずです。それぞれの失敗の原因と対策を順序を追って探っていきましょう。

利益確定の失敗の原因の多くは、しっかりした見極めがなく、「ひょっとするともう少し稼げるかもしれない」と欲張ってしまうからでしょう、なので、決済できずに利益確定のタイミングを先延ばしにしてしまうことです。

例えば、テクニカル分析するときには、過去のデータを振り返ってみて、「あそこが山だったのか」とわかりますが、過去のデーターと全く同じの動きはありえませんから、実際に取引をしているときには、どこが山なのかを当てることは簡単なことではありません。